コラム&アンケート コラム&アンケート

No.16

2016.07.29

頭痛や生理痛!いつものお薬が効きにくいなぁと感じたら・・・

頭痛 生理痛

頭痛や生理痛!いつものお薬が効きにくいなぁと感じたら・・・

頭痛や生理痛!いつものお薬が効きにくいなぁと感じたらどうする!?

 頭痛や生理痛の時に、つらい痛みや症状を緩和してくれるお薬。
 ところが、いつも頼りにしているお薬が効きにくいなぁと感じたことがある人もいるのでは?
 そんな時は皆さんどのように対処しているのでしょうか?
 今回も、全国の働く女性に、いつものお薬が効かないときの対処法についてアンケート調査をしてみました。

病院に行く、薬剤師さんに相談する

  • とりあえず不安なので病院に行きます。単に薬が効かなくなったのか、症状が進んでしまったのかを診てもらいたいので。
    (40代/女性/会社員)
  • 自分の体質などを相談して、合ったものを医師、薬剤師に選んでもらいます。副作用などを考えてです。
    (20代/女性/会社員)

病院に行く、薬剤師さんに相談する

 自分だけの判断では不安なので、薬剤師や病院の先生の意見を聞いて本当に自分にあったお薬を見つけるお手伝いをしてもらうのも大切ですね。
 また、薬剤師さんに相談して、自分の薬を見直してほかの特徴や効果があるお薬に変更してみるという選択肢もあるようです。
 ただし、「片側の目の奥が痛む」などの郡発頭痛などの場合は、市販の鎮痛薬では効かず、病院での治療や処方が必要になるので、早めに医療機関を受診しましょう。

生理痛の時は、まずはゆっくり休息する。

生理痛の時は、まずはゆっくり休息する。
  • あきらめてそんな日はベッドに横になる、早々と寝る。寝て我慢する。
    (30代/女性/会社員)
  • 生理痛の場合は、ひたすら我慢をしたり腹部を温める。
    (30代/女性/会社員)
  • 薬の量を増やしたり、病院に行くのは抵抗があるので休日から横になって、仕事中ならちょっと休憩するか温かい飲み物を飲みます。
    (30代/女性/会社員)

 体調の悪い時は病院に行くのもつらいものですし、いっそのこと諦めて体を休めて症状を軽くするという人も多いようですね。仕事を早めにきり上げて、ゆっくり休んだり生理痛の場合は腹部を温めたりして体をいたわるということもポイントです。

体に負担をかけずにお薬選びをしよう!

 今回のアンケートを通じて、いつものお薬が効かない場合、薬剤師や医師に相談するといったアクションを取る人や、ゆっくり休むという声がありましたが、その時の体調や痛みの強さなどによっては、いつものお薬の効果が実感しにくいと感じる場合もあるのかもしれません。十分な服用間隔をおき、もう一度薬を飲むと効いてきたと感じる場合もありますし、時にはお薬を見直す必要がある場合もあるでしょう。用法用量をしっかり守りつつお薬を服用することはもちろん、医師や薬剤師などに相談しつつ、体に負担がかからないようにして、自分にあったお薬を選んでいけるといいですね。

■ 調査地域:全国
■ 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 〜 49才
【職業】会社員
■ 調査期間:2015年11月17日〜2015年12月1日
■ 有効回答数:100

一覧に戻る

つらい生理痛・頭痛に速く効くリングルアイビーシリーズ つらい生理痛・頭痛に速く効くリングルアイビーシリーズ

眠くなる成分は入っていません

セルフメディケーション税控除対象

リングルアイビーシリーズは、
セルフメディケーション税制対象製品です。
セルフメディケーション税制とは?